ユーザー書き込み
韓国の田舎にあるチムジルバン
WRITTEN BY : いけ
体験レーポート一登録日時 : 2014-11-10
カテゴリー : 文化体験
チョアヨ! : 20票
photo
韓国の田舎にあるチムジルバンです。韓国の田舎に体によい電波が出るジムジルバンで美味しい食べ物を召し上がることが出来るところです。
ユーザー書き込み
韓国の田舎にあるチムジルバンです。
WRITTEN BY : いけ
体験レーポート一登録日時 : 2014-11-10
カテゴリー : 文化体験
チョアヨ! : 19票
photo
韓国の田舎にあるチムジルバンです。韓国の田舎に体によい電波が出るジムジルバンで美味しい食べ物を召し上がることが出来るところです。
ユーザー書き込み
ピョンロン[平弄]南山コル韓屋村の国楽堂で開かれる'
WRITTEN BY : 笠原星子
体験レーポート一登録日時 : 2014-11-04
カテゴリー :
チョアヨ! : 9票
photo
南山コル韓屋村の国楽堂で開かれる'ピョンロン[平弄]:その平安な震え'に対する観客の反応が熱い。5月1日に初披露された'ピョンロン[平弄]:その平安な震え'はしっかりした実力の演奏者たちと現代的で洗練された舞台、映像、照明などが調和して音楽を多彩に聞いていたが、報告、また感じられ21世紀型コンサートだ。韓国の伝統音楽や同時代的感性が調和して、現代人らの感動と共感を引き出している。'伝統'という名前にとどまらず、真の国楽の現代化を実現しながら、国楽の大衆化、ひいては世界化を引き出している'ピョンロン[平弄]:その平安な震えの善戦が期待される。

七つの音楽に盛り込む旅行のような生活の歌
'ピョンロン[平弄]:その平安な震え'は朝鮮王朝の礼楽精神を集大成した<アクハクグェボム>序文の'悪(樂)'に対する哲学をもとに、誰もが共感できる旅行のような人生の物語を音楽に盛り込んだ。人生の始まりと長い旅程、孤独と彷徨、懐かしさと願望、そして愛まで。私たちのさまざまな生活の断面を七つの音楽に留めてソウル各地の趣を盛り込んだ感覚的な映像と共に描き出し、一人一人の観客自らによる解釈と共感を誘う。人生という旅行で、人生の道程で、'ピョンロン[平弄]:その平安な震え'は多様な感性で旅行者の心を慰めてくれる休憩のようなコンサートだ。

ユネスコ世界無形文化遺産に登録された美しい韓国伝統音楽
'宗廟祭礼楽'と韓国の代表的な宮中音楽'ボホジャ'を再構成した朝を開いた歌で、雄大に始まって、ソウル・京畿地域の民謡であるギンアリランは琴の反復的な旋律の上に飾られ、カヤグムで、ミニマルな趣を感じさせてくれる。チョンウプサは伝統音楽の白眉である'スジェチョン'の雄大さと'仁川舟歌'のムードと興を濃く描いたことと同時に宮中舞踊'チュンエンム'を荘厳で芸術的な映像で披露する。ヤンと伝統打楽器を中心に躍動的であり神秘的な雰囲気を演出する浮島は韓国の打楽器特有の強弱の調節と反復を加え、クライマックスに向かって、特に音楽と映像の相互作用は、光と音楽の相乗効果を極大化して目を離せない見どころをプレゼントする。"アリオアリオあり、私の心をアリオあるし..."知らせオヌン人間の念願と希望を表現して共感を抱かせて、ヨチャンの歌曲ピョンロンの歌詞とメロディーを再構成したどうかスターは歌詞を伝達する女性の声と無関心したかのように淡々とした旋律を描く胡弓、遠くからかすかにすれ違うギターの旋律で観客の心を安らかに作ってくれる。公演の最後を飾る再び星に至る道は演奏者たちの独走の演奏で作って出すさまざまな出会いと結合を見せながら、強烈で希望に満ちたフィナーレを飾る。

国内外の実力派の制作陣が作った名品公演、<ピョンロン[平弄]:その平安な震え>
音楽の情歌楽会は2000年チーム創設以来、伝統音楽と現代音楽の結合、音楽劇的実験など多様な芸術活動で国内をはじめ、海外でも優秀な評価を得ている国楽団体だ。古典や他ジャンルの間で多くのコラボレーションが行なわれている中、<情歌楽会、世界文学と会う>、<アリラン、人生の歌>などの作品で、国楽の洋画家でない国楽の現代化を最もよく引き出した模範的な音楽作業で大変好評を受けており、'ピョンロン[平弄]:その平安な震え'を通じて地道にその名声を続けている。
編曲を担当したユン・ジヨン音楽監督は、世界的名声のハリウッド音楽の専門学校'ミュジションス・インスティテュート(MI:Musicians Institute)の学長に、学事正規の課程にK-POPクラスを新設して注目されている音楽家である。3D、プロジェクションマッピング映像は、英国ロンドン芸術大学インタラクティブ・メディアを修学した実力派の若いニューメディアアーティストであり、イントレクションデザイナーであるジャンスンジュが共にする。舞台は韓国芸術総合学校舞台美術と兼任教授であり、ミュージカル・アワード舞台美術賞、東亜(トンア)演劇賞舞台芸術賞などの受賞で、すでに実力を認められた舞台デザイナーソンホソンが務め、モダンで洗練された舞台を披露する。
PHOTOギャラリー投稿